結婚披露宴ってなんだろう~私の結婚披露宴~

私が結婚したのは3年前です。挙式と同じ日に結婚披露宴も行いました。結婚する前は結婚披露宴には、家族・親戚・友人そして会社の上司・同僚を招いて行うものというイメージでした。実際、間違ってはいないですし知り合いはそういう式や披露宴を開いていましたがどうも私たちはそれがしっくりきませんでした。家族・親戚には、結婚の報告をしっかりしたいと思っていましたし友達にも一緒に祝って欲しいと思っていましたただ、会社の上司・同僚を招待するか……と、なったときに二人の間で考えがなかなかまとまりませんでした。上司を招待してしっかりした結婚披露宴を行うと、確実に堅い式になりゆっくり楽しめないんじゃないか私の仕事上、会社の誰を呼んだらいいのか複雑だったので悩みましたいっそのこと披露宴しないで挙式だけでいいんじゃないか後で二次会すればいいんじゃないか本当に迷いました。じっくりと話し合い、私たちは披露宴を行いました。挙式会場にそのままお願いしました。家族・親戚を招待しました。普通ですね友人はごく親しい人に、式だけ参列してもらいました。披露宴にも招待すると、祝儀など気を使わせてしまうと思い、あえて式だけ誘いました会社の人は、新郎新婦ともに一人も招待しませんでした。ここが、カップルによって違うのかもしれません。結婚披露宴という名前を借りた親族の顔合わせ・食事会にしたのです。理由を考え出すときりがありませんがさまざまな私たちのわがままを満たす案として思い浮かべた形に近いものを実現できたこの選択をして、本当によかったと思っています。


実は、この親族の食事会・顔合わせ風の結婚披露宴という形式は最近かなり数が増えてきているようですその傾向もあり挙式会場の担当者の方も好意的に話を進めてくれて自分達の思いを形にすることができました友人は、結婚披露宴には招待しないがせっかくなので写真を撮ったりして、一緒に楽しい時間を過ごしたい挙式を楽しみにしてくれている友人に見せたい挙式だけで帰ってもらうと、来てもらうのが申し訳ないのでなにかしたいと思い、普通は披露宴で行うケーキカットを、式の後すぐに行い親族と披露宴を行っている間にガーデンでゆっくりケーキを食べてもらえるようにしました披露宴で行う催しが少ない分披露宴の前の時間を長めにとってもらい友人や親族とゆっくり写真撮影をしました披露宴に出席しても実際には招待客が多いので写真をゆっくり撮れた覚えがなかったですそのため、せめて私たちのしきでぐらいこころゆくまで時間をとりたいと思いました友人には女性を中心におおむね良好だったようで嬉しかったです家族や親戚には、少人数で身内しかいないのでゆっくり挨拶がてら食事を楽しんでもらいたい旨を伝えました自分たちも会場自慢の料理をゆっくり堪能でき、一人ひとりにしっかり挨拶できました。友人も披露宴に呼んでもよかったかもしれませんが、そうするとあんなにゆっくりご飯が食べれたかな…などと考えてしまいます。あくまで私の場合ですが、会社の上司や同僚を呼ばない友人は式の参列のみケーキカット以外のイベントなどを行わないようにしたという形式の結婚披露宴は大成功でした